2018年1月18日木曜日

佐藤順子 アートを語る会

現在サロン展示中の佐藤順子さんによるアートを語る会が行われました。
高校生のときから染織に興味を抱き、20代のときに旅先で出会った天然染料に感動したことが今の仕事に結びついています。
あかまんま、たんぽぽ、よもぎなど…優しい色にも関わらず力強さを感じたとのこと。


天然染料でウールを染める中で近年は色々な変化があったそうです。
まずは『染める』色ではなく『染まる』色。
以前は思い描いた色にこだわって染めていましたが、1つの染色に3日かかるという工程で原料となる植物の育つ場所、土壌、色素の量、煮出す水、薪で火を焚く火力等により色は変わってきます。
糸に宿った自然の色を大切に、デザインを考えていきます。


また、以前は1つの植物からできる色を単独で使い作品を作っていた佐藤さん。
今回の展示では2種類の色の糸を使ったものもあります。
より複雑な色味を楽しむことができ、そこには染めるだけではなく織ることで出来る新たな色との接し方が生まれました。


自由な染めの仕事に対して制約が多い機織り。
この正反対の作業が佐藤さんにとって良いバランスとなっています。


色を与えてくれる自然に対する感謝、糸と色との思いがけない出会いから、◯△□ を表現しました。

◯  畏敬
△  邂逅
□  色彩



佐藤順子さんの展示は1月30日(火)までです。
どうぞお運びくださいませ。

2018年1月6日土曜日

1月佐藤順子展

本日より大黒屋サロンにて佐藤順子展が始まりました。



佐藤順子さんは那須在住。自然に囲まれたアトリエで手染め、手織りの作品を制作しています。



1本1本の糸を時間をかけてつむぎ、手織り機で丁寧に織り上げたマフラーやショールは角度によって色の見え方が違い、触るとしなやかな温もりがあります。



染めに使われるのはほとんどが那須でとった木や草花です。山桜、あかまんま、だけかんば、ハルジオン、あざみ…。同じ植物でも条件がことなれば微妙に違う色合いになり、佐藤さん自身も思いがけないような出会いがあるとのこと。



上からまつよいぐさ、あかそとうわずみざくら、ふき、栗と萩。茶色の色彩のヴァリエーションだけでも豊かな表情を見せてくれます。



今回は初めて手織りだけでなく手編みの帽子やベストなどを出品。冬にぴったりの暖かで心が晴れやかになるような色彩をまとう楽しみをぜひ体感してください。

アーティストトークは1月18日(木)20:00から。
織りや染めの制作方法をお聞きするチャンスです。





2018年1月1日月曜日

新年あけましておめでとうございます 大黒屋のお正月

新年あけましておめでとうございます。
昨年は大黒屋にお越しいただきありがとうございました。
今年も皆様にとって幸多き年になりますように、お越しをお待ちしております。

今年のお正月は朝日に照らされた美しい雪景色で迎えることができました。
ゆったりとお過ごしいただきながら、ご朝食にはおせち料理をお持ちしております。


伊勢海老の雲丹焼きや鮑肝煮、栗きんとんなどをお詰めしたお重と、お屠蘇、大黒屋でついたお餅のはいったお雑煮を一緒に。


根付きの松とお飾りでお迎えしております。今年は氷柱も見事にそだち、お散歩していてもたくさんの発見があります。


スタッフは和装でご挨拶を。



大黒屋のお正月飾りは毎年竹を組み、干し柿を吊るした形です。
こま、羽根つきなど昔ながらの遊びとともに。



今年の干支の犬もごあいさつ。

大黒屋facebookでも写真を多く掲載しています。ぜひご覧くださいませ。
大黒屋公式facebook