2018年5月20日日曜日

吉村昌也 アートを語る会


現在サロン展示中の吉村昌也さんによるアートを語る会が行われました。45年の作陶人生についてお話をしてくださいました。


吉村さんは大学を卒業して商社に就職、その後デザインを勉強。行きつけの現代陶芸店店主の知り合いが陶芸教室の先生をしていたことから趣味で陶芸を始めました。

陶芸を始めて4~5年でアマチュア大賞を受賞。アルバイトをしながら焼き物を作り続けるうちに陶芸で生計を立てたいと思うようになったそうです。


そして現在の笠間にある窯を構えました。笠間の土は鉄分が多く粉引との相性も良いそうです。「無心にろくろを回してとにかく作ることに一生懸命、夢中になってやりました。最初は日常使いの湯呑やご飯茶碗を作りました。」


いまや大英博物館にも展示されている吉村さんの作品。「もともと工芸全般が好きで良い物がどういうものか知っていました。だから目標を定めて作り続けることができました。」

粉引の器を長年使うと色が徐々に変わっていきます。この変化こそが粉引の魅力となり、器を面白くさせるとのこと。「80歳になってようやく価値ある物を作れるようになってきました。」

「ボディの黒い土と化粧の白い土の収縮率を一致させることが大事。一致していないと焼いた時にすぐ欠けるんです。」と粉引作り最大の難点を語る吉村さん。

「最近ようやくまとまった形でできるようになりました。土のこと、白い化粧のこと、焚きかたなどいろいろ分かってきました。これからまた制作に励んでいきたいです。」粉引を作り続けて45年、まだまだ道半ばというその姿勢からはとてつもないエネルギーを感じました。




吉村昌也さんの展示は5月30日(水)まで行われます。どうぞお運びくださいませ。



2018年5月7日月曜日

板室新緑の森林浴ウォーク

ゴールデンウィークの賑やかさが通り過ぎ、板室は新緑の眩しく緑の匂いが濃い格好の森林浴のシーズンを迎えました。


この季節は川原の遊歩道を上流から下流まで歩くのがおすすめです。少し上流に歩くだけで渓谷の奥に来たような静けさと豊富な木々の緑が日々の忙しさをを忘れさせてくれます。

大黒屋のお庭から徒歩3分ほどの景観

体のリラックス効果があるといわれるいわゆるマイナスイオンは森林や水のぶつかる川の上流で発生すると言われていますし、そもそも森林浴には精神安定、ストレスホルモンの低下、血圧、心拍数の安定が得られるとも言われています。

大黒屋のお庭から徒歩5分、蛍のすむ沢
ゴールデンウィークの疲れには、ぼうっと木々を眺めながら時をすごすのもいいですね。
また、大黒屋の周辺は昔ながらの雑木林で、広葉樹を中心に豊富な種類の木々が見られます。


「緑の錦」と言えるほどの緑の種類の豊かさのひみつは木々の種類の豊かさにあります。
森林浴では植物を観察する「見る」ことも効果のアップにつながるともいわれます。


もちろん野草が豊富な大黒屋ではこのシーズンもたくさんの野草が。上流の日陰には特徴的な形をした花に似た葉「仏炎苞」をつけるマムシグサが見られます。



5月は蛍沢に黄菖蒲、大黒屋全域で様々な種類の躑躅(つつじ)、皐月(さつき)が見頃になり森林浴の合間に華やかな姿を見つけられるでしょう。
木々の中で深呼吸をしに、ぜひいらしてください。

2018年5月1日火曜日

5月吉村昌也展

本日から大黒屋サロンにて吉村昌也展が始まりました。


笠間に「なずな窯」をかまえる吉村昌也さんは粉引の名手として知られ、大黒屋でも長らくお食事や喫茶などでその作品を使用しています。今回の展示も2015年以来5回目となります。



粉引とは土の素地の上に白い化粧土をかけて作られる乳白色の焼き物のことで、化粧土の濃淡による暖かい肌合いの微妙色味や使い込むほどに使い方によって色が変化したり、お茶の世界では「雨漏り」と呼ぶ景色が生まれることが特徴です。



本展では日々の生活で使う酒器や花器だけでなく、粉引の発祥と言われる李朝の祭器を現代の姿で解釈した「粉引祭器」も展示しています。



李朝の古典的な祭器は高台に丸い形が有名ですが、デザインにも精通し従来の器の形を超えていく斬新な造形で知られる吉村さんの祭器は花びらのような形、ひし形の彫刻のような形、マンタのようにゆらめく形などそれぞれ全く違う造形を見せてくれます。



作家在廊日は6日までと毎週土曜日、日曜日。
アーティストトークは18日(金)20:00から行われます。
新緑も美しいこの季節、ぜひお運びください。
公式Facebookにて会場写真をさらに公開中です。

2018年4月26日木曜日

第181回 音を楽しむ会


4月の音を楽しむ会はフルート森川道代さんとハープ宮原真弓さんによる演奏会が行われました。大黒屋では初のデュオ出演ですが、お二人は長年交流があり、演奏会でも共演されているそうでとても息の合った演奏を披露してくださいました。


1曲目シュテックメスト:「歌の翼」による幻想曲。ハープの1つ1つの旋律に的確にフルートの音色が響き合います。

2曲目ビゼー:アルルの女より「メヌエット」はハープをベースにフルートの音が広がる構成です。序盤は互いの音が歩み寄る調子、終盤は発展して音が高鳴り合う展開でした。


3曲目イギリス民謡:「グリーンスリーブス」の主題による変奏曲では森川さんがピッコロでの演奏です。生命が胎動して徐々に逞しく躍動するような力強さを感じました。板室の生命感溢れる新緑にぴったりの1曲です。


4曲目の映画音楽メドレーは「ムーンリバー」から始まり「タイタニック」まで全5曲の演奏です。記憶に澄み渡っていくように映画と音楽の世界に魅き込まれました。


5曲目ニーノ・ロータ:フルートとハープの為のソナタは全3楽章での演奏。草原を駆けっこすような跳躍感のある第1楽章、風がそよいで空へ舞い上がるような浮遊感のある第2楽章。飛ぶ鳥が軽やかに高らかに大空へと羽ばたいていく解放感のある第3楽章と最後まで聴き所満載の素晴らしい演奏でした。





次回の音を楽しむ会は5月26日(土) 笛の福原寛さんです。
どうぞお楽しみに!

2018年4月21日土曜日

板室さくら便り 世の中にたえて桜のなかりせば


世の中に たえて桜の なかりせば 春のこころは のどけからまし

もし世の中に桜というものがなかったら、心をざわつかせることもなく春をおだやかに過ごすことができるだろうに…とは平安時代の文学伊勢物語に登場する和歌。

今も昔も、変わらず桜は私たちにとって特別な景色。
板室でも4月中旬から5月上旬にかけて次々と移り変わる桜のさまざまな美しさをご覧いただくことができ、今年も私たちの目を楽しませてくれました。



染井吉野の見頃は例年4月下旬ごろ。板室温泉街の並木はもちろん、河原の並木、大黒屋敷地内などいたるところで満開になります。



芽吹きはじめる木や草花ごしに松の館客室から。夜にはライトアップされます。



桜が満開の頃の河原にはベンチが設置されます。ゆっくり座って見上げながらの花見などいかがでしょうか。



染井吉野が満開の頃の夜、好天の日を選んで夜桜の会が行われます。



ゆらめく松明の火で眺める桜はどこか妖艶な、普段とどこか異なるものに見えるのが不思議です。



枝垂れ桜の咲き始める例年4月下旬ごろには大黒屋の中心を流れる那珂川に鯉のぼりが100匹ほどかかります。



梅の館、そして河原をお散歩中に桜と鯉のぼりの目にも鮮やかな共演を楽しめます。



河原には色の濃い別種の桜も。染井吉野が散り始めた頃に見頃になります。


例年4月末ごろ、枝垂れ桜が満開を迎えます。梅の館の正面の枝垂れ桜は客室から見ると桜のシャワーのよう。染井吉野が終わってもお花見は続きます。


そして最後は八重桜。5月上旬ごろに木庭風の耕路や梅の館の裏庭で見ることができます。木ごとに色の違いがあり、1つ1つ見て回るのも楽しいですね。

今年は春の始めにあたたかく、すべての桜が2週間早く咲きました。例年の暦から少しずつ時期がずれることもあり、大黒屋Facebookにて桜の開花情報をアップしていますので、ぜひご参考に、来年もお楽しみに…

散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき

桜は散るからすばらしい、この世には永遠のものなどないのだから…とははじめの伊勢物語中の和歌の返歌。もし急ぎ足で散ってしまっていたら、ごめんなさい。

2018年4月1日日曜日

4月杉山洋二展

本日から大黒屋サロンにて杉山洋二展がはじまりました。



杉山さんは笠間にアトリエを構え、セミクリスタルガラスの作品を宙吹きで制作しています。大黒屋での個展は3回目、水琴亭の甘味などで作品をご覧いただいてきました。


杉山さんの作品はもともとガラスが溶かした柔らかい状態だったことを思い起こさせる水のような透明感や水飴のような柔らかい造形が特徴です。光に透かすと1つ1つ手によって作られる豊かな情景が見えます。



グラス、ボウル、ワイングラス、徳利、プレート、花器など。大小200点ほどが出品されています。グラスを合わせると軽やかな音がするのも格別です。


セミクリスタルガラスの特徴でもある多彩な加飾。捻りや玉つけなどに加え、春や夏を感じさせるような爽やかな色ガラスの作品も出品されています。


大黒屋はじめての出品はあかりの作品。ランプや天井照明のランプシェードなどもご覧いただけます。




杉山洋二さんの在廊日は毎週土、日。自然の彩も鮮やかになります4月、爽やかな透明な光を感じに、ぜひお運びくださいませ。
Facebookではより多くの写真を公開中です。ぜひご覧くださいませ。
大黒屋公式Facebook



2018年3月27日火曜日

第180回 音を楽しむ会


3月の音を楽しむ会は藤舎呂英さんと藤舎呂近さん、吉澤延隆さん、花柳美輝風さんによる演奏会が行われました。大黒屋初お披露目の演目も披露してくださいました。

藤舎呂英さんは「一流のプレーヤーが揃いましたので質のいいものをお客様へお伝えしたいと思います。また新しい邦楽の要素を表現できれば」と話してくださいました。伝統と革新を常に表現しようとする藤舎さんの真摯な姿勢が現れた言葉でした。


1曲目「さくら変奏曲」、花柳美輝風さんが吉澤延隆さんの箏の軽やかな音色に合わせて艶やかに舞います。



2曲目「雨」は栃木県出身の筝曲家が作曲した曲です。宇都宮出身の吉澤さんが栃木県に縁のある曲をと独奏で披露しました。藤舎さん曰く「雨」の中に「風」を感じる1曲。


3曲目「鳥のように」。流麗な箏の演奏と藤舎さんの力強い鼓の音が融合した1曲です。吉澤さん曰く湖面で休んでいる白鳥が一気に飛び立つ映像や猛禽類の鷹や鷲が空に円を描いて飛んでいるイメージが浮かぶ曲だそうです。

藤舎呂英さんのご子息呂近さんが大鼓として加わります。


4曲目「花」は本来箏の独奏曲ですが箏と鼓と舞踊を織り交ぜた大黒屋特別版での演奏です。鼓のチリカラ拍子に箏の音が鳴り響く中、花柳さんが一瞬一瞬名画のように輝く舞踊で会場を魅了しました。

大黒屋でしか見ることのできない邦楽の魅力を存分に堪能することができた演奏会でした。





次回の音を楽しむ会は4月26日(木) フルート森川道代さんです。
どうぞお楽しみに!